プロフィール


梅若 紀彰(ウメワカ キショウ)
五百有余年の伝統を誇る能楽観世流梅若家の中において1956年9月18日、故五十五世梅若六郎の孫として生まれ
祖父ならびに現当主五十六世梅若六郎玄祥に師事。
1960年「鞍馬天狗」の子方にて初舞台。1968年「小袖曾我」の五郎役にて初シテを勤める。
拡大画像 1982年「梅栄会」を創立。多数の会員を指導すると共に多くの演能活動を行っている。
2010年12月 二代梅若紀彰を襲名。
能楽協会会員、重要無形文化財総合指定(1998年)、梅若能楽学院理事、梅栄会主宰。

拡大画像 主な演能曲目
 1976年  「猩々乱」
 1977年  「石橋」
 1981年  「翁」
 1984年  「道成寺」
 1985年  「隅田川」「望月」
 1988年  「八島(弓流し)」
 1990年  「俊寛」「松風(見留)」
 2000年  「求塚」「安宅」
 2002年  「弱法師」
 2005年  「卒都婆小町」
 2009年  「芭蕉」
 2010年  「景清」
 2011年  「姨捨」

新作創作能
 「細川ガラシャ」「空海」「ジゼル」「額田王」「サダコ」「鷹姫」「夢浮橋」「不知火」
 「内濠十二景あるいは《二重の影》」「薔薇の名−長谷寺の牡丹」等に出演。
 創作舞「Dance with Bach」

主な海外公演
 1989年 ベルギー・ブリュッセル ユーロパリア・ジャパン公演 能「土蜘蛛」シテ
 1993年 アメリカ・ニューヨーク メトロポリタン美術館公演 「翁」千歳、能「舟弁慶」義経
 1997年 オランダ・アムステルダム トロペンミュージア公演 能「土蜘蛛」シテ
       フランス・パリ ポンピドゥーセンター公演 新作能「空海」孔雀明王 新作能「ガラシャ」小笠原少斎
 2000年 4月 アメリカ・ニューヨーク/ピッツバーグ 能楽座公演
       12月 オランダ・アムステルダム 日蘭交流400周年記念公演
       アムステルダム市立劇場/アルクマール聖ローレンス教会に於いて 新作能「ガラシャ」小笠原少斎
       ベルギー公演 ブリュッセル王立美術館ホールに於いて 能舞「流波」
       フランス公演 パリ/日本文化交流会館、リール/商工会議所
 2001年 9月 フランス公演 パリ/日本文化交流会館、エクス・アン・プロヴァンス/ブラング城館に於いて
       創作能「内濠十二景あるいは《二重の影》」二重の影ドニャ・プルエーズ
 2002年 8月〜 9月 アメリカ・ニューヨーク テロ1周年追悼公演
       蝋燭能「土蜘蛛」シテ、新作能「安倍晴明」安倍晴明
       フランス、ベルギー、オランダに於いて 新作能「安倍晴明」安倍晴明
 2003年 ロシア連邦 サンクトペテルブルグ建都300周年公演
 2004年 2月 フランス公演 パリ/日本文化交流会館 創作能「内濠十二景あるいは《二重の影》」二重の影ドニャ・プルエーズ
       12月 アメリカ・アーツプラン2004公演 ボストン(ジョンハンコックホール)、ニューヨーク(ジャパンソサエティ)、
       アトランタ(リアルトセンター劇場)、、ニューオリンズ(ウエストウィーゴ劇場)に於いて 能「土蜘蛛」シテ
 2006年 12月 カンボジア 丹波座主催 アンコールワット/ヴァイヨン寺院 能舞「祈り」
 2010年 3月 中華人民共和国 南京に於いて 昆劇の学生たちとの文化交流 

このページのホームへ


T O P